<< 菓子舗『りんか』 | main | アトリエ『RINA』 >>
ラボラトリー『よしき』


住民名:よしき
職業:プログラマー
●エターナル取得日:2011/12/29・・73歳

*記念地* ラボラトリー『よしき』

トリノ星系内の緑豊かな惑星にあるその事務所は、景観を壊さないようにとログハウス。
しかして、その実態はハイテクなビルらしいという噂や、普段バーいっきゅうに入り浸りの為、いつ仕事をしているのだろうという噂…というよりも、バーの地下にある秘密ルームで仕事をしているのではないかという噂もあり、噂が噂を呼ぶ謎の大物プログラマー。
でも、変人かといえばそうでなく、さわやかなナイスガイ。
開発したプログラムを見ればわかるその抜群の頭脳明晰の優秀さと共に人気の理由である。
カテゴリ: +エターナル記念地 | 16:16 | comments(1) | - | -
コメント
よしきの兄(いっちゃん)と弟(オー)が、エターナルプログラマーよしきを語る。
彼らは知る人ぞ知る、有名な三兄弟である(謎笑)。

 ☆☆☆

いっちゃん「やっとよっしーがエターナルになったそうだ。いったい何年、いや何百年、いやいや何千年かかってるんだ?」

オー「まったくだなあ。まあ、めげずに何度もチャレンジした、その粘り強さだけは認めてやるか」

いっちゃん「まあな。オーんなんかはさっさとエターナルになっちまったもんな。かなり初期の段階で、大工で決めて、だもんでその後、転生もしなかったよな?(たぶん)」

オー「だな。いっちゃんは、いろんな名前でせっせと記念地、作りまくったな。全部でいくつ作ったんだ?」

いっちゃん「修験者の一休とジョッキーのイリヤ、レジャーランドオーナーの三条、バーテンダーのいっきゅう、スタントマンのイーライ、しっかし、本業の?マジシャンと鑑定士はシャアに取られちまったんだっけ。それとスパイは本郷か……。なんだかな……。マジシャンか鑑定士かスパイで、改めてチャレンジすっかな」

オー「おいおい。まあ不屈の精神はいっちゃんの十八番だもんな。ところで肝心の人物が、エターナルになってないな」

いっちゃん「ああ、そうか。おふくろだ……出てくるかな?」

オー「出てくるかもな……ってそうそう、こんな無駄話してていいのか? 管理人さんに、よっしーの紹介をしてくれって言われてたんじゃなかったっけ?」

いっちゃん「だったな。まあ、プログラマーとしては優秀だ。明晰な頭脳はそれこそコンピューター並だ。しかし運動神経はゼロだ。体力もない。完璧、頭脳労働向きだ」

オー「それで紹介になるのか?」

いっちゃん「はて? ま、いいんじゃないの? あいつの退屈な話をしても、誰も面白がらんだろう。それよりオレの波瀾万丈支離滅裂な冒険話のほうが……」

オー「そこでストップ。千夜一夜物語より長くなりそうだ……」
| いっちゃん | 2012/01/07 8:08 AM |
コメントする